WordPressの簡単移行ツールでサーバー移転に失敗する理由

WordPress簡単移行ツールでサーバー移転に失敗する理由WordPress関係

WordPressの簡単移行ツールを提供しているレンタルサーバー会社が増えています。

WordPressを使ったサイトやブログの数がここまで増えてくると、WordPressに関するサービスがどこまで充実しているかがサーバー会社にとって重要だからです。

WordPressのユーザーを取り込みたいサーバー会社にとって、簡単移行ツールは自社サーバーへの移転を促すための強烈なアピールになります。

なぜなら、WordPressのサーバー移転というのは難易度が高く、専門知識のない人が簡単に行うことはできないからです。

サーバー会社が提供する簡単移行ツールを利用することで、誰でもWordPressのサーバー移転ができのであればサイト引越しのハードルは一気に下がります。

ところが、実際にやってみると分かりますが、簡単移行ツールを使ってもうまく行かないことも多いのです。

なぜ、WordPressの簡単移行ツールでサーバー移転に失敗してしまうことがあるのでしょうか?

WordPressの簡単移行ツールで移行できないデータもある

簡単移行ツールで移行できないデータWordPress簡単移行ツールというネーミングから、クリックするだけであとはツールが移行作業をすべて勝手にやってくれるようなイメージがあります。

しかし、実際には簡単移行ツールを使ったとしても、サーバー内のデータをすべて移転できるわけではないのです。

基本的に簡単移行ツールで移行できるのは、WordPress内のデータベースと、wp-contentディレクトリ内にあるデータのみになります。

wp-contentディレクトリ以外にあとから手動で追加したデータや「.htaccess」ファイルなどは移行されません。

そのため、オリジナルのテーマを使っているサイトやリダイレクトの設定をしている場合には、簡単移行ツールだけではサーバー移転を完全に行うことができないということになります。

この場合は、FTP接続をして移行されなかったデータを手動で引越しする必要がありますが、慣れない人にとっては簡単ではないはずです。

また、WordPress簡単移行ツールでサーバー移転を行うと、プラグインの設定が引き継げなかったりしますので、プラグインをたくさんインストールしているサイトだと大変です。

WordPressの容量が大きすぎて簡単移行に失敗するケース

データ容量制限で簡単移行に失敗WordPressの簡単移行ツールを使うときに気をつけなければいけないのが、データ容量です。

ページ数の多いサイトやブログの場合、このデータ容量制限に引っかかってサーバー移転に失敗することがあります。

たとえば、wpXサーバーの場合ですと、wp-contentの容量が3GBを超えているとエラーになってしまうようです。

同様にデータベースの容量が1GBを超えていると、簡単移行ツールによるサーバー移転はうまく行きません。

また、容量制限にかからなかったとしても、データの量が多いことで通信に時間がかかってタイムアウトしてしまうこともあります。

ですから、ある程度ボリュームのあるサイトやブログは、WordPress簡単移行ツールでのサーバー移転は失敗する可能性が高いと考えておくといいでしょう。

画像に日本語のファイル名を使用していて失敗するケース

画像ファイル名が日本語だと移転失敗WordPress簡単移行ツールを使って失敗するケースに、画像のファイル名があります。

画像のファイル名を日本語にしている方もいると思いますが、そういったWordPressを簡単移行ツールでサーバー移転すると、画像が表示されなくなってしまうことが多いです。

これは、WordPress簡単移行ツールだけではなく、All-in-One WP Migrationなどのプラグインを使ったサーバー移転でも起こる現象です。

関連記事:All-in-One MigrationプラグインでWordPressのサーバー移転に失敗するケース

また、日本語のファイル名を使っていない場合でも、WordPressをカスタマイズしているケースで、サーバー移転後に画像が表示されないというトラブルがよく発生します。

カスタマイズしたときに、cssを適用して配置した画像のパスがつながらないことで、画像がうまく表示されないとう現象が起こるからです。

画像をたくさん使用しているサイトやブログだと、これらの不具合をサーバー移転後に修正するのはかなり大変になります。

画像のファイル名に日本語を使っていたり、カスタマイズしたWordPressを使っていたりする場合には、あえて簡単移行ツールを使わずにFTP接続によって手動でサーバー移転を行った方が無難です。

ただ、専門知識のない方が手動でWordPressのサーバー移転をするというのはかなりハードルが高いので、プロにお任せしたほうが無難です。

当サイトでも、WordPress引越し代行サービスを提供していますので、これからサーバー移転を予定している人は、以下のページをご覧になってみてください。

WordPressの引越し代行サービス~サーバー移転・移行・ドメイン変更

WordPressやPHPのバージョンが古くて移転できない

古いバージョンで移転ができない古くから運営しているWordPressを簡単移行ツールで引越しするときに注意をしなければならないのが、WordPressや移行元サーバーのPHPのバージョンです。

これらのバージョンが古いと、簡単移行ツールが動作せずにエラーとなってしまうことがあります。

場合によっては、簡単移行ツールそのものがインストールできないこともあります。

こうした不具合は、WordPressのバージョンが4.2よりも古いときに発生する可能性があります。

また、サーバーのPHPのバージョンが、5.3以上であることも、ツールが動作する条件となります。

これらのエラーを避けるためには、PHPやWordPressのバージョンを上げてからサーバー移転をする必要があります。

しかし、WordPressのテーマやプラグインによっては、それらをバージョンアップことでWordPressそのものに不具合が生じることもありますので、慎重に行う必要があります。

どうしても不安がある場合には、専門知識のあるプロにお任せするようにした方がいいでしょう。

WordPressの簡単移行でログインに失敗するケース

簡単移行ツールがログインに失敗するWordPressの簡単移行ツールでサーバーを移転するときに「移行元WordPressのダッシュボードへのログインに失敗している可能性があります。」といったエラー表示が出ることがあります。

これはWordPress簡単移行ツールが、移行元WordPressのダッシュボードログインできないため作業を進めることが出来ないという意味になります。

ユーザー名やパスワードは変更したつもりがないのに、なぜかこのようなメッセージが出てしまうことがあるのです。

こういったメッセージが出るときの原因としては、ログイン画面にBasic認証がかかっていたり、ロボット認証がかかっていたりすることが考えられます。

プラグインなどでセキュリティ対策をしているサイトの場合、こうしたエラーになる可能性が高いです。

プラグインを無効化して再度試してみる必要があります。

簡単移行ツールでサーバー移転が出来ないときは?

簡単移行でダメならどうすればいい?WordPress簡単移行ツールを使うと、文字通り簡単にサーバー移転が出来てしまうときもありますが、逆にどうやってもうまく行かないときもあります。

ダメだったときには、WordPress移行用のプラグインを使って再チャレンジをしてみるという選択肢もありますが、必ずしもうまくいくという保証はありません。

無料版だと容量制限がありますので、有料版を使うことになるのですが、もし失敗してしまったらプラグインの購入代金が無駄になってしまいます。

WordPressのサーバー移転を確実に行うには、FTP接続をして旧サーバー内のデータを手動で丸ごと新サーバーに移行する方法がおすすめです。

ただし、専門知識のない方が手動でWordPressのサーバー移転をするというのは、かなりハードルが高いと思います。

うっかりと大切なデータを削除してしまって、WordPressが復活できなくなってしまう可能性もあります。

手動でWordPressのサーバー移転を行うには、経験豊富なプロにお任せするのが確実で安心です。

弊社でもWordPressの引越し代行サービスを提供していますので、自分でやることに不安を感じる方は以下のリンク先よりお気軽にご相談ください。

WordPressの引越し代行サービス~サーバー移転・移行・ドメイン変更

タイトルとURLをコピーしました