WordPressの表示速度を改善するためエックスサーバーに移行する人が増えています

WordPressの表示速度・エックスサーバーで改善する?WordPress関係

WordPressのサーバーを移行する目的はさまざまですが、最近では表示速度向上のために、エックスサーバーに引越しをしたいという方が増えています。

WordPressというCMSは、構造的にどうしても動作が重くなりますので、サクサクと快適に表示させるためにはサーバー選びが重要になります。

そんな速いサーバーを求めてWordPressの引越しを考えている人たちの間で、移転先のサーバーとして選ばれることが多くなっているのが、エックスサーバーです。

はたしてエックスサーバーが速いというのは、事実なのでしょうか?

本当にエックスサーバーにWordPressを移転するメリットは大きいのでしょうか?

その辺の事情について、詳しく解説してみたいと思います。

エックスサーバーへのWordPressの引越しが増えています

エックスサーバーへの引越しが増えています弊社では、WordPressの引越し代行サービスを提供していますが、やはりエックスサーバーへの移行を希望される方が非常に多いと感じています。

中には、他社が管理しているエックスサーバーから自社で管理をしているエックスサーバーに移設を希望する方もいます。

つまり、エックスサーバーからエックスサーバーへの引越しなのですが、こういったケースの場合は他社サーバーからの移転にくらべて作業的にはかなり面倒です。

関連記事:WordPressをエックスサーバーからエックスサーバーに移転するのは難易度が高い

それでもあえてエックスサーバーに引越しをしたいということなので、他社のサーバーではWordPressの運用はしたくないのでしょう。

やはり、エックスサーバーは表示速度が速くて、WordPressを快適に動かすことができるというイメージが多くの人の定着してきているのだと思います。

同時に、重いサーバーを利用しているとせっかくの訪問者を離脱させてしまうことや、SEO的にもGoogleに評価されにくいということを認識している人が増えているのでしょう。

エックスサーバーへの移行で本当にWordPressは速くなる?

エックスサーバーだと本当に速くなるのか?WordPressをエックスサーバーに移転させる人の主な目的は、サイトの表示速度の向上にあると思いますが、そもそもエックスサーバーは本当に速いのでしょうか?

実は、弊社でも仕事柄さまざまなサーバーを利用してきましたが、体感的にはエックスサーバーの速さを実感しています。

もちろんWordPressの表示速度というのは、単純にサーバーの性能だけでは決まりませんが、エックスサーバーを使っているサイトの表示速度でストレスを感じることはまずありません。

特に2021年10月以降、エックスサーバーの速度は劇的に向上しました。

その理由として、超高速WordPress実行環境で知られる「KUSANAGI」の開発会社との技術提携があります。

参考:「KUSANAGI」の技術および最新サーバー機器を導入~エックスサーバー

この「KUSANAGI」の技術導入によって、もともと表示速度の速かったエックスサーバーが、さらに3倍の高速化を実現したとされています。

実際に3倍速くなっているかどうかは分かりませんが、体感的にはあきらかにWordPressの動作が軽くなった印象を受けます。

エックスサーバーとConoHa WINGはどちらが速い?

エックスサーバーとConoHa WINGの速さは?エックスサーバーが高速なのは間違いありませんが、「日本国内最速のサーバーは『ConoHa WING』では?」という疑問をお持ちの方もいることでしょう。

なにしろ、『ConoHa WING』のキャッチフレーズは「国内最速の超高速サーバー」ですから、さすがのエックスサーバーも分が悪いように思います。

しかし、WordPressのテーマやプラグインなどの条件をまったく同じにして表示速度の比較をした場合、エックスサーバーと『ConoHa WING』はほぼ互角といえます。

つまり、『ConoHa WING』が国内最速サーバーなら、エックスサーバーも同様に国内最速サーバーということになります。

実際にWordPressを『ConoHa WING』からエックスサーバーに乗りかえた人が、「PageSpeed Insights」を使って表示速度を実測してみたところ以下のようになったそうです。

●エックスサーバー PC:98
●エックスサーバー モバイル:84

●ConoHa WING PC:97
●ConoHa WING モバイル:81

参考:PageSpeed Insights

このデータを見る限りにおいては、ほんのわずかエックスサーバーの方が良い数字が出ていますが、これはほぼ誤差の範囲と考えていいと思います。

これくらいの数字の違いで、実際の速さの違いを体感できることはまずありません。

つまり、エックスサーバーも『ConoHa WING』も、どちらも国内最速クラスの速いレンタルサーバーであるということになります。

エックスサーバーは速度だけではなく安定性が高い

エックスサーバーはとても安定性が高いエックスサーバーが国内最速クラスのサーバーであることは間違いないのですが、WordPressユーザーに人気になっている理由は、単純に速度の問題だけではありません。

実はエックスサーバーというのは、障害やエラーが非常に少ない安定したサーバーなのです。

弊社でも長年エックスサーバーを利用していますが、サーバーが長時間落ちるなどの大きなトラブルはまず記憶にありません。

どんなに高性能なサーバーであっても、頻繁にトラブルが発生してサイトにアクセスできなくなってしまうのでは、安心してWordPressの運用をすることができません。

速くて安定しているからこそ、エックスサーバーへWordPressの引越しを考えている人が増えているのでしょう。

サポートが充実しているエックスサーバー

サポートが充実しているエックスサーバーエックスサーバーは非常に安定しているサーバーですので、トラブルというのはほとんど発生しないのですが、サイトを運営していると何が起こるか分かりません。

そんなときに重要になってくるのが、サポートが充実しているかどうかという点です。

たとえば、WordPressにアクセスをしたらエラーが発生して、何も表示されなくなってしまうことがあるかも知れません。

そんなときに、自分が何もした記憶がなければ、レンタルサーバー側に障害が起きている可能性を考えなくてはいけません。

サポートの対応が悪いレンタルサーバー会社だと、そういった想定外の出来事が起こったときにあわててしまうことになります。

何とか早く復旧したいのに、メール対応のみのサポートしかない会社だと、回答が返ってくるのが翌日以降になってしまうこともあります。

その点、エックスサーバーの場合は、平日10:00~18:00まで電話での対応を受付けていますので、何か起きたときには安心です。

土日祝日に対応していない点が心配になるかも知れませんが、メールであれば365日24時間受付をしており、返信が返ってくるまでの時間も驚くほど早かったりします。

時間帯や質問内容にもよりますが、1時間以内に返事が返ってくることも普通にあります。

エックスサーバーにWordPressを引越しする人が増えている背景には、こうしたサポートの充実からくる安心感もあるに違いありません。

WordPressに特化した「Wpx Speed」というプラン

WordPressに特化・Wpx SpeedWordPressの表示速度が速いエックスサーバーですが、あえてWordPressの運用に特化をして、さらに高速化につなげている専用プランがあります。

それが「Wpx Speed」というサービスです。

「Wpx Speed」の「Wp」はまさにWordPressを意味しており、Speedというネーミングからも速さへの自信がうかがえます。

この「Wpx Speed」というエックスサーバーのプランの大きな特徴として、WordPressの運用に特化しているというだけではなく、クラウド型のサーバーを採用している点があげられます。

クラウド型サーバーというのは、物理サーバー内に仮想化をした専用サーバーを個別に設置する形式のサーバーになります。

一般の共用レンタルサーバーですと、1つのサーバーを複数のユーザーが利用することになりますので、自分以外の誰かのサイトにアクセスが集中したりすると、自分のサイトにも影響がでてしまいます。

ところがクラウド型であれば、他のユーザーに影響されずに、まさに専用サーバーのようなパフォーマンスが期待できるわけです。

今後WordPress以外のサイトをサーバーにアップする予定がないのであれば、あえて「Wpx Speed」を利用してみるのも賢い選択といえそうです。

WordPressの引越し代行サービス
WordPressの引越し・サーバー移転代行サービス
WordPressの引越し代行・詳細はこちら

タイトルとURLをコピーしました