WordPressが『データベース確立エラー』となるときの原因と対処法

データベース確立エラー・原因とその対処方法を解説WordPressトラブル関係

WordPressのトラブルの中でも比較的多いのが『データベース確立エラー』です。

この『データベース確立エラー』が発生すると、WordPressが表示されなくなってしまいますので、大抵の人はあわててしまうと思います。

しかし、エラーが発生するということは何らかの原因があるわけで、その原因さえ分かれば復旧させることはそれほど難しくありません。

ここでは、WordPressに『データベース確立エラー』が発生してしまったときの、主な原因とその対処法について解説をしてみたいと思います。

データベースへの接続情報が間違っている

データベースへの接続情報の間違いWordPressのサーバー移転などをしたときによく起こりがちなのが、データベースへの接続情報が間違っていたことによる『データベース確立エラー』です。

WordPressのサーバーを別のサーバーに移転したときには、当然のことながらデータベースの接続情報は変わります。

これまでとサーバーが変わるのですから、これは当然の話です。

しかし、元のサーバーからデータベースをエクスポートして、新しいサーバーへインポートしたことで作業が完了したと勘違いをして、そのままにしてしまったりします。

古いサーバー内にあったデータベースを新サーバー内にアップロードしたら、必ず新しいサーバーに合わせてwp-config.phpのデータベース接続情報を変更する必要があります。

書き換えるところはwp-config.phpファイル内の「データベース名」「ユーザー名」「パスワード」「ホスト名」の4カ所です。

WordPressのサーバー移転をしたタイミングで『データベース確立エラー』は発生したら、原因はほぼこれで間違いないと思っていいでしょう。

関連記事:WordPressのサーバー移転をするときの手順を解説

パスワードの変更でデータベースに接続できない

パスワードの変更でデータベース接続エラー何からの理由で、サーバーのコントロールパネルからデータベースのパスワードを変更したときに、『データベース確立エラー』が起こることがあります。

このケースは単純な設定ミスが原因のことが多いです。

データベースにアクセスするためのパスワードをサーバー側で変更したのであれば、それを読み込むためにはWordPress側の設定も変更しなければなりません。

つまり、wp-config.phpファイル内のデータベースパスワードを変更する必要があるわけです。

これをついうっかりと忘れると、データベースのパスワードを変更したタイミングで『データベース確立エラー』が発生することになります。

データベーステーブルの異常が原因で接続エラーが発生

データベーステーブルの異常が原因でエラーwp-config.phpファイル内に記載されているデータベース接続情報が間違っていないにもかかわらず、『データベース確立エラー』が発生してしまうこともあります。

この場合は、データベーステーブルに異常が発生している可能性がありあます。

WordPressにテーマやプラグインをインストールしたり削除をしたりしていると、データベーステーブルが削除されてしまったり破損してしまったりすることがあります。

データベースの管理ツールである『phpMyAdmin』を使ってデータベースを開いてみたときに、「使用中」という表示のテーブルがあったら破損の可能性が高いです。

このような状況で『データベース確立エラー』が発生してしまったときには、破損してしまったテーブルを修復する必要があります。

ただ、専門知識のない方がデータベーステーブルの修復を行うというのは困難ですので、専門業者に依頼をすることをおすすめします。

弊社でもWordPressの復旧サービスを提供していますので、お困りの方は以下のページをご覧になってみてください。

WordPress内のファイル破損でデータベース接続エラー発生

システムファイルの破損でデータベースの接続エラー『データベース確立エラー』は、WordPressのシステム関係のファイルに問題があるときに発生することもあります。

WordPressのアップデートでインストールを失敗したり、ハッキングなどが原因でサーバーを停止されたりしたときに、WordPressのファイルに問題が発生して『データベース確立エラー』になるわけです。

この場合は、WordPressのシステムそのものに問題が発生してしまっていますので、これを解消するためには、WordPressそのものを再インストールする必要があります。

WordPressのシステムを入れ替えるなんて大変そうに感じると思いますが、慣れている人がやればそれほど難しくはありません。

手順としましては、まずWordPressの公式ページから、現在使用しているものと同じバージョンのWordPressをダウンロードします。

そして、ダウンロードしたデータを解凍し、その中にあるwp-config-sample.phpファイルとwp-contentフォルダを削除します。

残りのファイルは、そのまま上書きの形でサーバーにアップロードします。

これをクリーンインストールといいますが、こうすることでWordPressのシステムはすべて新しいものに入れ替わることになります。

クリーンインストールなどといいますと、WordPressが初期のまっさらな状態に戻ってしまうと勘違いする人もいるかと思います。

しかし、データベースは元の状態のままで残っていますし、事前にwp-contentフォルダを削除することで、プラグイン、テーマ、メディアなどのデータはそのまま残っていますのでまったく問題ありません。

もちろん、こうした作業を慣れない人がやって大切なデータをうっかり削除してしまったりすると大変なので、不安な人は専門の業者に依頼をするようにしましょう。

データベースサーバーの問題で接続エラーが発生

サーバーのメンテナンス・データベースの確立エラーWordPressそのものにはまったく問題がないのに、サーバーに問題があって『データベース確立エラー』が起こることもあります。

めったに起こることではありませんが、データベースサーバーに何らかのトラブルが発生して緊急メンテナンスを行っていたりするときに発生します。

あるいは、何らかの理由でサイトにアクセスが集中して、サーバーエラーが発生したことによってデータベースの接続ができなくなることもあります。

こうしたサーバーが原因で発生する『データベース確立エラー』は、こちらではどうすることもできませんので、復旧するまでひたすら待つことになります。

こうしたサーバーの緊急メンテナスによるエラーは、それほど長い時間続くことはありませんが、念のためにサーバー会社のメンテナンス情報などを公式サイトで確認しておくといいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました