ホームページのない会社は人材の採用が困難に?~コーポレートサイト制作のすすめ

ホームページのない会社は人材の採用が困難に?ホームページ制作の豆知識

ホームページを持っていない会社は、人材採用において大きなハンデを背負うことになります。

スマホの普及によって誰もがインターネットを利用することができるようになったいま、コーポレートサイトを持たない会社の印象は非常に悪くなるからです。

「いまどきホームページもない会社なんて」

そんなふうに思われてしまったら、どんなに素晴らしい会社であっても人は集まりません。

実際に求職者の8割以上は、就職や転職活動においてコーポレートサイトはとても重要な判断材料の1つと考えています。

いまやコーポレートサイトを抜きにして、人材採用は考えられない時代になっているのです。

集客だけがホームページの役割ではありません

ホームページの役割は集客だけではありませんホームページというと、どうしても集客の目的で制作するイメージがあるかも知れません。

そのため、ネットからの集客を考えていない会社にとっては、ホームページの必要性をあまり感じないかも知れません。

たとえば、建設業や工事関係の会社などは、集客や受注という部分にフォーカスした場合、ホームページの役割は重要ではないでしょう。

しかし、たとえホームページからの集客を考えていなかったとしても、人材の確保という点にフォーカスして考えたときに、ホームページの存在は非常に大きなものとなります。

仕事を探している人というのは、単純に給料や休暇などの条件だけで就職先を決めるわけではありません。

その会社の働きやすさや職場の雰囲気を知るために、さまざまな情報収集をしようとします。

その情報収集のためにとても重要になるのが、自分がそこで働くかも知れない会社のコーポレートサイトということになります。

コーポレートサイトで、その会社の建物や職場の雰囲気、働いている人たちの表情などを確認したうえで、実際に面接に行くかどうかを判断することになります。

いまやスマホ時代ですので、社名を検索すれば検索結果の一番上にその会社のコーポレートサイトが出てくるのはあたり前だと誰もが思っています。

検索をした結果、その会社にホームページすらないと知ったとたん、それだけの理由で面接に行くのはためらってしまう人もいることでしょう。

そういった人材の多くは、自社のホームページを持っている競合の会社に流れて行ってしまうのです。

いまや小規模の事業者であっても、5割近くがホームページを持っていると言われています。

つまり、ホームページを持っていないというだけで、半数の競合他社よりも不利な条件で人材獲得競争に勝ち抜かなければならないことになります。

ホームページを使って集客をするしないにかかわらず、人を雇っている会社であればコーポレートサイトを持たなければならない時代になっているのです。

求人の応募者数を増やすためのコーポレートサイト

求人の応募者数を増やすコーポレートサイトネットから会社をアピールすることのできる自社の公式ホームページがあれば、求人に対する応募者数が確実に増えることは間違いありません。

求人サイトやハローワークなどに提供している情報だけでは、自社の魅力を十分に伝えることはできないからです。

自社のコーポレートサイトであれば、文字数などの制限はありませんし、写真などをふんだんに使って会社の魅力を存分にアピールすることができます。

また、自社のホームページがあれば、先ほども書きましたように「いまどきホームページもない会社」というマイナスの印象を与えることもありません。

コーポレートサイトがないというだけの理由で、人材の確保に苦労をするというのは、なんとももったいない話といえます。

入社後のミスマッチを防ぐためにホームページは必要

入社後のミスマッチ・ホームページで防ぐホームページのない会社の場合、せっかく採用をしてもすぐに退職してしまうリスクが高くなります。

会社のことをよく分からないままの人を採用してしまうと、「思っていた会社とは違った」と思われてしまう可能性がるからです。

コーポレートサイトによって、会社の業務内容などが詳しく説明されていれば、そういった就職後のミスマッチは起こりにくいといえます。

また、会社に在籍をしている先輩社員などをホームページ上で紹介したり、業務に携わっている画像などをサイトに掲載したりすることで、求職者は自分がその職場で働いているイメージを持つことができます。

ホームページによってそうした入社後のイメージを持ってもらうことができれば、入社をしたあとのミスマッチは確実に起こりにくくなります。

あえてホームページを持たない会社の理由

あえてホームページを持たない会社の理由いまや小規模の会社であっても、ホームページを持つのがあたり前になっていますが、あえてホームページを持とうとしない会社があるのも事実です。

従業員数が5人以下の会社だと、半数以上の会社はホームページを持っていないというアンケート結果があります。

ホームページを持たない理由にはさまざまなものがありますが、おおまかには理由は以下のような理由があげられます。

●ホームページの必要性を感じない
●ホームページの制作にお金がかかる
●ホームページを管理する人材がいない
●ホームページの費用対効果に期待できない

これらの理由を見る限りでは、ホームページがないことによるデメリットやホームページを持つことのメリットに、気がついていない可能性があります。

また、ホームページにお金をかけるのはもったいないとか、サイトを管理するのが難しいといった、誤った考えを持っている人が少なくないと感じます。

確かにホームページによる集客にフォーカスをした場合、必要性を感じない会社もあるでしょう。

しかし、会社の信用度のアップや人材確保という点にフォーカスをすれば、ホームページの必要性がないとは言い切れません。

ホームページの維持管理や更新に関しては、確かにこれまでは専門知識のない人には難しい面がありました。

ところが、最近はWordPressという優秀なCMSの普及によって、専門知識のない人であってもホームページの維持管理が出来るようになりました。

もちろん、ホームページに詳しい人材を採用する必要もありません。

また、ホームページの制作費用に関しても、数ページ程度のコーポレートサイトであれば、決して高額な費用がかかるわけではありません。

コーポレートサイトの制作費はどれくらい?

コーポレートサイトの制作費はどれくらい?コーポレートサイトが、人材の採用において重要な役割を果たすことはお分かりいただけたかと思いますが、気になるのは制作費用だと思います。

コーポレートサイトの制作費といっても、まさにピンからキリなのですが、相場的には中小のホームページ業者であっても20万円~30万円程度はかかります。

大手のホームページ業者だと、50万円~100万円程度はかかってしまうでしょう。

たかがホームページの制作にそんな費用はかけられないと思うかも知れませんが、優秀な人材を確保するための投資として考えた場合、決して高くはないと思います。

しかし、そうはいっても小規模企業や個人事業主にとって負担の軽い金額ではないし、もう少し安くならないものかと思ってしまうのも事実でしょう。

できれば、10万円程度でホームページを作りたいと感じているかも知れません。

そういった方のために、弊社では98,000円という格安料金のホームページ制作プランを提供しています。

この『格安ホームページ制作プランは』、格安にもかかわらずクオリティ的には自信がありますし、WordPressによって構築をしていますので、自社でホームページを管理したいと考えている会社にとっても魅力的な商品となっています。

デザイン的にも20万円~30万円のホームページと比較をして、決して見劣りすることはありません。

格安ホームページ制作プランの詳細やデモサイトは、以下のページからご覧になれます。

タイトルとURLをコピーしました