ホームページ制作会社に支払う月々の管理費の相場はどれくらいか?

管理費用を電卓で計算している女性ホームページ制作の豆知識

ホームページを運営するにあたって発生する費用は、大きく分けて初期に発生する製作費と維持管理のための管理費の2つになります。

もちろん、ある程度のWeb知識があって自社でホームページを管理できるのであれば、管理費は一切発生しません。

しかし、最近ではWordPressというCMSでホームページを作成するケースが多くなっており、サイト維持のための管理はけっこう面倒になってきています。

WordPressの場合、ドメインやサーバーの管理だけではなく、テーマやプラグインなどを最新版にバージョンにするための更新作業が頻繁に発生します。

また、サイバー攻撃を受けてホームページが表示されなくなってしまったり、不正ログインをされて内容を書き換えられてしまったりするトラブルも最近では増えています。

そうなってしまった場合、Webに関する専門知識がないと、ホームページの復活は困難になってしまいます。

そのため、自社でホームページを管理せずに、サイトを制作した会社にそのまま管理をお願いするという会社やお店が多くなっています。

ただ、ホームページの管理費というのは、制作会社によって大きく異なります。

実際に、ホームページ管理費の適正相場がどれくらいなのか分からない人も少なくないと思います。

ここでは、ホームページ制作会社に月々支払う管理費の相場について、詳しく解説をしてみたいと思います。

ホームページの管理費は月々数千円から5万円以上までピンキリ

パソコンと電卓とお札「自社のホームページにもし何かあったら」という保険的な意味合いで、ホームページ制作会社に毎月管理費を支払続けているお店や会社も多いと思います。

餅は餅屋に任せるのが安心だという考えは決して間違いではありません。

しかし、自社のホームページの管理費の相場について深く考えたことのある人は意外に少なくないかも知れません。

ホームページ制作会社からいわれるままに、それが相場だと思って何の疑問も持たずに支払続けている方もいるでしょう。

実際に、ホームページの管理費は月々2千円~3千円程度の少額のところもあれば、5万円以上かかるところもあり、まさにピンキリといえます。

ここまで大きな開きがあると、どれくらいが相場なのかさっぱり見当がつかなくなってしまうと思います。

しかし、こうしたホームページ管理費の料金の違いには、それなりの理由があるのです。

それは、ホームページ制作会社がどこまでの範囲でサイトを管理するかという点で大きく変わってくるのです。

月々2千円~3千円の会社はドメインとサーバーの管理だけ

パソコンとURLホームページの管理費として月々2千円~3千円に設定している制作会社の場合、基本的にドメインとサーバーの管理だけしかしてくれないと思っていいでしょう。

制作会社がドメインやサーバーの会社に支払う月々の費用は、小規模サイトであればせいぜい1000円程度です。

ですから、ホームページの所有者が自分でサイト管理をすれば、これくらいの出費で済んでしまうのです。

しかし、うっかりとドメインやサーバーの更新を忘れてしまったりすると、ホームページが消滅してしまって取り返しのつかないことになってしまったりします。

そういったことが起こらないように、月々ドメイン代やサーバー代も含めて2千円~3千円でホームページ制作会社に管理をお願いするということになるわけです。

WordPressの管理までをお願いする場合は5千円程度が相場

黒板とWordPressの文字HTMLで作られたホームページにくらべて、WordPressで作られたサイトの場合は、管理が少々面倒です。

HTMLで作られたサイトであれば、ドメインやサーバーの契約更新を忘れてホームページが消滅してしまったとしても、HTMLファイルを自分のパソコンなどに残してあれば復活は容易です。

しかし、WordPressとなるとそうはいきません。

しっかりとバックアップファイルの管理をしていないと、2度とホームページが復活できなくなってしまうことがあるからです。

また、WordPressのテーマやプラグインなどは頻繁にバージョンアップを繰り返します。

このバージョンアップを怠ると、ホームページがサイバー攻撃を受けたり不正ログインをされて改ざんされたりということも起こり得ます。

あまりに古いバージョンの物を使っていると、WordPressそのものが動作しなくなってしまったりすることもあります。

そういったわずらわしさを考えた場合、自社サイトを自分で管理せずに、ホームページ制作会社にお任せした方が無難だと考えるのが一般的です。

こうした、WordPressで制作されたホームページの維持管理をすべて制作会社にお任せする際の管理費としては、5千円前後が相場だと考えていいでしょう。

ホームページの簡単な修正も含めると月々7千円から2万円

お店の営業時間の表示ホームページが完成したあとも、ちょっとした修正などが発生することは少なくありません。

たとえば、営業時間が変更になったり、臨時休業のお知らせをホームページに表示したりする場合です。

そういった、ちょっとしたサイト内コンテンツの修正費用も管理費に含まれているケースもあります。

そういった場合の管理費の相場としては、月々7千円~2万円と考えていいでしょう。

月々の管理費が安く、こうした修正費用を含まない契約の場合は、修正をお願いするたびに別途で5千円程度をホームページ制作会社に支払うというのが一般的です。

そのため、まめにホームページの内容を変更することの多いお店や会社にとっては、月々の管理費のなかですべてをやってくれればありがたいと感じるに違いありません。

ただし、修正込みの管理契約になっていたとしても、ホームページ内に新たなページを追加したり、画像などのコンテンツを作り替えたりしなければならないときには、別途で費用が発生するのが普通です。

SEOコンサルも含みの場合は月々の管理費が2万円以上

コンサルでPDCFの説明ホームページを制作しただけではアクセスは集まりませんので、集客を目的とするならば検索で上位表示をさせるためにSEO対策を考えなければなりません。

そうしたアクセスの分析やSEOのアドバイスなどを含めて管理してもらう場合には、2万円以上の相場になることが多いようです。

本格的なSEOコンサル込みでの契約だと、月々の管理費が5万円以上になったりすることもあります。

ただし、競争の少ないローカルなキーワードでの集客を狙っている場合には、そこまでのサポートは必要ないでしょう。

なぜなら、普通にタイトルやタグ、本文などにキーワードを含める程度の簡単なSEO対策のみで上位表示できるキーワードも多いからです。

その程度であれば、ホームページ作成時に制作会社の方で普通に対策をしてくれるのが一般的です。

その程度の対策もできないようであれば、そもそも依頼をするホームページ制作会社を間違えたということになります。

製作費は格安だけれども管理費が異常に高いホームページ制作会社

ホームページ制作費3万円のセールホームページの製作費は格安だけれども、管理費が相場にくらべて異常に高い制作会社もあります。

こうした会社の場合、製作費を安くおさえる代わりに、管理費としてあとから製作費の不足分を回収するシステムになっているわけです。

たとえば、ホームページの製作費が50万円で、月々の管理費が1万円の会社があったとします。

この会社で制作したホームページを5年間運用した場合のトータルコストは、製作費50万円+管理費60万円で110万円ということになります。

それに対して、ホームページ制作費が10万円で、月々の管理費が5万円かかる会社でサイトを5年間運用した場合、トータルのコストは310万円にもなってしまいます。

なんと約3倍近い金額差です。

そういったホームページ制作会社に、初期費用の安さに惹かれて制作を依頼したりすると、長い目で見た場合には高い買い物になってしまう可能性もあるわけです。

ホームページを制作運用するにあたっては、初期の製作費だけではなく、管理費用とその内容についてもしっかりと見極めたうえで契約をすることが大切です。

文:土井 稔

タイトルとURLをコピーしました