30万円のホームページを制作してもアクセスは集まらない?

ホームページ制作の豆知識

株式会社ディーカムで制作するホームページは、コンテンツの質やボリュームに重点を置いているために、どうしてもそれなりの費用が発生していています。

以下の記事で詳しく解説していますがSEOによって自然検索から集客するためには、どうしてもホームページ制作にコストをかけざるを得ないのです。

参考記事:製作費100万円のホームページは高いのかそれとも安いのか?

こんなことを書くと、ディーカムでは30万円のホームページは制作してくれないと思われるかも知れませんが、決してそんなことはありません。

30万円の予算でのホームページ制作も株式会社ディーカムでは大歓迎です。

ただ、30万円のホームページだとSEOによって自然検索から集客をするというのは困難になりますので、そういった目的で制作することはできません。

格安のホームページであっても、とにかくサイトを作りさえすればネットからガンガン集客できると勘違いしている人があまりにも多いですが、Webの世界はそんなに甘くはありません。

自然検索からアクセスを集めて売り上げにつなげる目的のサイトを30万円の予算で制作したならば、そのお金はほぼ間違いなく無駄になります。

それでは、30万円のホームページというのは、どういった目的で制作されるものなのでしょうか?

すでに地域で知名度のある会社やお店のホームページ


検索結果に上位表示させて、ネット上から集客をすることが目的でなければ、30万円のホームページでもまったく問題はありません。

たとえば、地域ですでに長く営業を続けているお店や会社などです。

お店の名前をいえば、誰もがその存在を認識できるのであれば、積極的にネットから集客をする必要はないわけです。

そういったお店や会社におけるホームページの役割というのは、電話番号や営業時間を確認したり、予約を入れたりといったものになります。

その程度の役割であれば、検索結果にはお店の名前や会社名で上位表示できていれば十分ということになります。

お店の名前や会社の名前であれば、特に本格的なSEO対策などしなくても上位表示できますので、30万円のホームページでも十分にその役割を果たすことができることになります。

ホームページで会社やお店のイメージアップをはかる


たとえば、あなたの会社やお店が求人広告をだしたとします。

その求人広告を見た人は、最初にどんな行動を起こすでしょうか?

そのお店や会社をまったく知らない人であれば、まずスマホで会社名やお店の名前を検索してホームページを探すはずです。

そのとき、ホームページが古臭くてダサいデザインであったら、そのお店や会社に対する第一印象が悪くなってしまう可能性があります。

せっかく求人広告で興味を持ってくれたのに、ホームページに魅力がなかったために、そこで面接希望者が離脱をしてしまうことも十分あり得るわけです。

会社やお店のイメージをよくして、とりあえず面接に来てもらうためには、ホームページの見た目はとても重要といえそうです。

このように、お店や会社のイメージアップの目的でホームページを制作したりリニューアルをしたりするのであれば、本格的なSEO対策は必要ありません。

30万円のホームページでも十分だと思います。

デザインに凝ると30万円の予算では厳しくなります

ただし、ホームページのデザイン的な良し悪しも、ほぼ料金に比例する傾向があります。

格安のホームページ制作会社で作られるサイトは、テンプレートを利用しますので、金太郎飴みたいにどのサイトも似たようなデザインになってしまいます。

オリジナルのデザインで、なおかつオリジナル画像をふんだんに使ってクオリティの高いホームージを制作するとなると、さすがに30万円では厳しいと思います。

ホームページの制作費というのは、ほとんどが人件費ですので、たとえSEO対策をしなかったとしても手間のかかるサイトを制作すれば、高額な費用が発生することになるわけです。

ホームページのベース部分だけ制作してコンテンツは自分で作り込む


SEOでの集客を目的にするホームページであっても、30万円の予算で作成することは不可能ではりません。

それは、自分自身で文章を書くことができて、サイト内のコンテンツをどんどん充実させることができる場合です。

最近のホームページは、WordPressというCMSを使って作られていることが多いために、HTMLの知識がまったくなくても、自分でコンテンツを作り上げていくことが可能になります。

無料ブログを更新することのできる程度のスキルがあれば、問題なくWordPress上にコンテンツをアップしていくことができるでしょう。

ベースの部分だけを30万円かけてホームページ業者に作成してもらったら、あとは自分でログインをしてコンテンツを充実させていけばいいわけです。

コンテンツの質が高くないと逆効果になることもあります

しかし、ここで勘違いしてほしくないのは、どんなコンテンツでもいいということではありません。

Googleに高い評価を受けて自然検索で上位表示させるためには、ある程度質の高いコンテンツをアップロードし続ける必要があります。

よく無料ブログなどでやるような、日常的な出来事などをアップしても意味がありません。

意味がないどころか、SEO的にはマイナスになってしまう可能性があります。

なぜマイナスになるのかは、以下の記事に詳しく書いていますので読んでみてください。

参考:不勉強なホームページ制作会社の古いSEO対策を信じると悲惨な結果を招きます
    
Webのコンテンツというのは特殊で、何でもいいから書けばいいというものではありません。

たとえ3000文字書こうが5000文字書こうが、Googleに評価をされるコンテンツになっていないと意味がないのです。

読ませる文章力とSEOのためのWebライティングの技術が必要

本格的なコンテンツSEOを得意とするホームページ制作会社やSEO業者は、専属のWebライターをかかえています。

彼らは、タイトルや見出し、リード文の書き方はもちろんのこと、共起語や専門用語、キーワードの割合などを最適化させた文章を書くスキルを持っています。

もちろん、Googleは訪問者の行動パターンを検索順位に反映させていますので、訪問者にしっかりと読んでもらうための文章力も必要です。

本格的なSEO対策を組み込んだホームページの製作費が高いのは、こうした専門知識を有する人たちの人件費が発生してしまうからなのです。

30万円でホームページのベース部分だけを作成して、あとは自分でSEOのためのコンテンツを書いていこうと考えている人は、一般的な文章力だけではなく、しっかりとWebライティングの知識を身に着ける必要があります。

自信がある人は、チャレンジしてみてもいいと思います。

文:土井 稔

タイトルとURLをコピーしました